タンドアブログ

旅行と鉄道、飛行機、サッカーが好きな学生です。

博多滞在記(2)

こんにちは。

本日で中間テストも終わり。そろそろ本気モードです!!でも切り替えられない、、

まあそんな話は置いておいて、、

今回は滞在記の後編です。どうぞ。

 

コンフォートホテルで一夜を過ごし、朝は無料の朝食を。宿泊者無料なのに凄い充実してます。ちなみにコーヒーは一日中飲み放題です。

↑バイキング形式です。あら健康的(手前と奥のワッフル1つが僕の分)

ホテルは9時前にチェックアウト。博多駅のコインロッカー(よりによって1年前に一人で来た時と同じ場所)にスーツケースを入れて、母とは別れて、母は観光へ(1ヶ月ぶりだけど太宰府行ったらしい)、そして僕は用事へ。これについては詳しくは明かしませんが、わざわざ福岡まで来た意味がある、充実したものでした。

17時半に博多駅で母と合流。合流場所の6階無印良品で色々と買い込みました。(結局買った食べ物は何も食べませんでした)

晩御飯は昨日と同じお店。福岡名物含むさまざまなな美味しい料理を、1品が少ないために色んな種類を食べられるためこの店に再度行こうと決めました。

↑地下にあります。おすすめ。

お腹いっぱい食べて、そろそろ福岡とお別れの時間に。20分あったので母には新幹線改札内の待合室で待ってもらって、10分間在来線で列車ウォッチングをしました。何度見ても飽きない特急が、いつ来ても見られる博多駅。今回も3種類5編成見られました。

 

新幹線乗り換え改札に入場券と利用する乗車券(特急券込み)を同時に入れればOK(そのまま乗れる)というのが短時間での在来線ウォッチングにおいて非常に便利です。

新幹線ホームでも約10分間新幹線ウォッチング。短時間ですが大満足でした。

 

さあ新幹線に乗り込みます。利用するのは20時1分発の、最終のぞみ号である「のぞみ78号名古屋行き」。

↑撮ったのは8号車だけど利用したのは9号車です!

最終ののぞみなだけでなく新大阪以東に行く最終列車です。それに加えてB'zのライブなので博多駅の時点で普通車は相当混んでました。

でも大丈夫。なんと今回利用したのはグリーン車です!!

今回はグリーン早特を使っています。早特は乗車変更できないのですがこれには乗り遅れないだろう(ギリギリにならないように余裕ある列車を選んだ)ということで制度を利用。普通の予約料金で普通車指定席を利用するよりも1500円追加するだけでよかったのです。翌日から僕はテスト、母も仕事なので父がグリーン車を許可してくれました。

グリーン車のお陰で疲れもほぼなく過ごせました。まあ僕は翌日のテストのためにほぼずっと勉強してました。寝ずに過ごせたのはグリーン車のおかげかもしれません。

小倉・広島・福山・岡山に止まり、22時15分に2時間14分の旅を経て新神戸に着きました。

着いちゃった〜って感じでしたね。テストという現実に引き戻された訳ですから。

対面側に面白いものが。こだま三原行きです。祖母の家に行くと必ず行くのが三原で、電車で祖母とよく三原の新幹線ホームに行ってましたのでその三原を終点とする列車があるというのが少し誇らしい。

↑利用されてるのがN700の九州車。三原到着は23時48分。

家に帰って寝て翌日がテスト。まあなんとかなりましたので良かったです。2日間色んな人にお土産配りしましたが、流石にテスト前かつただの土日に福岡行ったということに驚かれました。

 

今回はここまで。次回(22日日曜更新)はついに「電車で行こう!43巻」の感想&紹介です。予想と違い旅行記よりも人気なコンテンツです。是非見てください。

閲覧ありがとうございました。

博多滞在記(1)

こんにちは。

今回は先週末に福岡に行った時のことを書きたいと思います。

ではどうぞ。

 

学校が終わったあとに荷物を詰めるというギリギリさ。母もいろいろあってギリギリになり、バタバタした状態で家を出ました。そして向かうは新神戸。僕は修学旅行ぶり、母は相当久しぶりです。

しかしここで問題発生。なんと父が渡したカードが間違ってたのです。購入したクレジットカードを受け取っていましたが、受け取り時に必要なのは多分EXのカード(あの矢印みたいなのが3つあるやつ)でした。色々と焦りながら対応して、見事QRをスクショで送ってもらう方法で解決!10分前だったので最寄りを1本逃していたら危なかった。この時点でどれだけギリギリだったか。

まあ解決したことはもういい、ここからは2時間30分の新幹線の旅です。

利用したのは九州直通のさくら号。運用を調べて(初めて調べました)、九州車を狙いました。

この九州直通のN700系8両は指定席が神。2+2で座り心地も素晴らしい。西日本区間に乗るならこれですよ。

このさくら号は停車型で、途中姫路・岡山・福山・広島・新山口・小倉に泊まります。そのため最速型とは15分ほど時間が違う。2.3駅程度しか連続で通過しないので結構長く感じました。僕は良かったですが、疲れていた母には九州車の車内チャイムが厄介だったようで。あれ朝のニュースに流しても遜色ないレベルですので寝にくいのに停車しまくるから寝れそうな時に爆音で起こされるんですよ。狙ってこれにしたから悪い気もしますね。

途中広島到着前では試合終了間もない時だったので大量の帰宅車を見ました。逆転負けで悔しい終わり方。広島ファンの僕らにとってもその足取りの重さ、分かりましたよ。

車内では朗報も。家族で応援するヴィッセル神戸が12試合目にして今季初勝利(しかも4−0)したのです。

19時1分に到着。まずはすぐにホテルに行き荷物を下ろします。今回は道路を挟んで駅の目の前にある「コンフォートホテル博多」です。駅前ですが意外と安く、コスパ最高です。

荷物を置いたらすぐに駅ビルへ。晩御飯はやはり博多名物!ということで10階にある鉄鍋に決定。水餃子と鉄鍋を注文し食べました。非常に美味しく、特に水餃子はスープも全部飲み干したくなる美味しさでした。

でもこれだけじゃな〜と思い、地下にある居酒屋へ。ここにはなんでもある!

B'zのライブがあったのですごい人。雰囲気はすごく良かったですが人の量も多かった。

ここで鶏皮を中心に色々食べましたが、どれも美味しい。たこ焼きならぬ鳥焼きとゴマ鯖はおススメです。あと注文用iPadの充電切れました。

最後にアイスをということでファミマのブラックサンダーフラッペを買ったのですが恥ずかしい出来事が。

まず読み取って避けてくれてた商品を母が「これもお願いします」って言ってまず困惑させる。そしてそれを僕が鞄に入れる。最後に母が「スプーンは?」って聞いてもらいに行こうとしたら「あそこで軽い調理するんです」って言われる。うわー恥ずかしい。

まあホテル帰って飲みましたが普通に美味しかったです。

夜はJリーグタイム見て23時半に寝ました。この際初めて「蒸気でホットアイマスク」を使いました。

今回はここまで。次回は2日目です。よろしくお願いします。

閲覧ありがとうございました。

東北修学旅行 第4回

こんにちは。

続いてきた修学旅行シリーズも今回で最後。

どうぞよろしくお願いします。ではいきましょう。

第一回はこちら

 

selatanda.hateblo.jp

 

第二回はこちら

 

selatanda.hateblo.jp

 

第三回はこちら

 

selatanda.hateblo.jp

 

 

前回から続き、、

世界遺産毛越寺へ。とてーも紅葉が綺麗でした。中尊寺での失敗をしっかり反映して今回は周りと離れないように動きました(といってもほぼ一方通行でしたが)

バスに戻る際には地元の小学生たちが生意気(でも可愛らしい)絡み方をしてきました。全員にしていたのでこれも一期一会、最後は全員で手を振りました。その子達は僕らを集団で来た人たちとは思っていてもまさか遠く離れた兵庫県から来てるとは思わなかったでしょうね。

 

平泉からホテルはなんと3時間。何故そんな遠く!?って思いました。この辺りで僕は喉の痛さもあって相当しんどかった。もう暗く外も見れないでバスは走って行きます。

行くは岩手県宮古市。翌日は沿岸部ではなく盛岡に行くんですよ。どうして海側に行ったんだか謎は解けません。

まあホテルは良かったです、Wi-Fi以外は。

ご飯はこれまでと違いバイキングではありませんでした。でも夜はしゃぶしゃぶでしたのでそれは問題ありませんでした。喉痛すぎて本当に飲み込む時涙流してました。

お風呂行ってそのあと担任経由で学年主任から喉薬もらいました。結構強いやつだったので相当マシになりました。

別の人の部屋で人狼したりトランプしたり、その人の部屋に携帯忘れて探しまわったりと色々思い出作りました。

最終日ということで徹夜した人も多かったようです(翌日スタートから2時間バス、そして昼からは6時間新幹線なんで問題は正直ない)が、僕はしんどいのと部屋メンバーがしっかり寝たい派の人なんで12時半には寝ました。

たまたま窓の外を見た時、とてつもなく綺麗な星空を見たので、みんなで30分間星空を眺めてました。あれ、僕らってロマンチスト?(笑)

↑翌朝の朝日。めちゃくちゃ綺麗でした。

翌朝も豪華なご飯。喉はすっかり回復したおかげでしっかりご飯食べました。これが後々悪かった、、

ホテルを出て、ここからは内陸へ向けて移動。

行くは盛岡・小岩井農場です。

有名な牧場。広大な敷地ですが、、

土砂降りー

とても歩き回れたもんじゃない。アイス食べて(これは美味しかった)、お土産買って終わりです。しかもこれだけしてたらお土産屋の渋滞(なんせ学校みんな行くんですから)で出発時間大幅遅れです。

急いで次の場所へ。次は盛岡ということでわんこそば体験です。

↑味変用のものですがほぼ使わなかった

さあ食べるぞ!制限時間は40分。何杯行けるか!!

結果、、

96杯。

朝食べたのもあって結構限界に近かったですが、後4杯は確実に行けた。時間がないんですよ!!

100杯で表彰状貰えたので行きたかった。

ちなみにうちの部活の顧問(50代世界史教師)は150杯以上とまさかの展開!お店の人が実況するにつれてみんな驚き!

そして一位は190杯近くのラグビー部員でした。化け物。

 

楽しかった東北の地、修学旅行もこれで終わりです。4日間ガイドしてくれたおばちゃん(めちゃくちゃ面白かったし、絶対当たり)とも寂しい別れ。

そして14時台のはやぶさ号で盛岡から東京へいきます。来たのはH5系でした。

 

他はずーっと真ん中席でしたがこの区間だけはお願いして窓側へ。周りみんな寝てる中320km/hのスピードを楽しんでました。

↑富士山も見えました

東京では再び15分乗り換えとサフィール踊り子の鑑賞をして、のぞみで新神戸へ。

ここでは次は頭が痛くなってきた。弁当配布されましたが寝ました。寝てると別のクラスのやつからドッキリが。サイレン的な音を耳元で聞かされました。寝てる間に地震速報が鳴ったあの経験がすぐに思い浮かび付けてたアイマスクをすぐに上げて周りを見渡す。

みんな笑ってました。別にいじめではなくドッキリだと分かったので怒りもしませんでしたし腹立たしくもなかったです。これも思い出と思っておきましょう。

20時新神戸到着。修学旅行は終わりです。

ここからはY君とS君と帰りました。

 

これで終わり。どうでしたか?僕は半年前を懐かしめて書けて楽しかったです。

ちなみにこの帰り道に翌日京都へ行く予定を立てました。

閲覧ありがとうございました。

東北修学旅行 第3回

こんにちは。

今回は修学旅行第3回です。どうぞよろしくお願いします。

第1回はこちら

 

selatanda.hateblo.jp

第2回はこちら

 

selatanda.hateblo.jp

 

 

ホテルにて朝食を終え、バスで宮城沿岸へ。

行く先は日本三景・松島です。

途中、東北新幹線と交差。車両基地の目の前を通ります。いやー関西鉄道ファン興奮です。

松島には昼まで滞在。自由に散策できました。

遊覧船を学校向けに貸切運行してくれました。松島を是非海から!と思い当然乗船(乗る乗らないは自由)しました。普段よりも短い時間で、安く乗ることができました。

感想を言いますと、、

普通です。

色々な小島(岩?)を間近で見ることが出来ました。その点はとても良かったです。

しかし他の三景スポット(天橋立厳島)と違い、ぱっと見では感動しづらいです。

僕は松島の魅力を疑ってはいません。芭蕉も認めたのですから。おそらく高台から見ると感動なのかもしれません。次に行く機会を楽しみにしています。

松島も震災で被害を受けた場所。そうはあまり見えませんが、それは被害が元々少ないのと、力が入ってるからでしょうか。

 

船を降りた後は散策。なんか長い橋がありますが、そこは入場料がいる(しかもまあまあな値段)なので時間もない今回はパスしました。

松島ではなんと牛タン定食。あまり関わらないグループと一緒のテーブルに座りました。

この判断は良かった。ここで相席し話した人たちとはその前とその後の関わり方が全く変わりました。

ここらへんで不穏な感じが。修学旅行出発前に風邪をひきましたが、そのうち喉の痛みが再発しました。この時はまだマシでしたがそれでも牛タンを飲み込む時は少し痛かったです。

 

↑当然美味しかった

↑紅葉が綺麗でした

昼食を終えると次はバスで平泉へ。当然初の岩手県上陸となります。

平泉では中尊寺毛越寺の順番で周りました。中尊寺に着く頃には喉の痛みは耐えれるか耐えれないかの域に。友達にのど飴貰いましたが症状はあまり変わりませんでした(生姜味は美味しかったです)

中尊寺では写真撮影の後に金色堂を見学、そして自由行動となりました。

僕は初回登場のY君と部活が一緒のS君と周りました。

↑春から延期したおかげで見られた景色です

中尊寺金色堂ですが、境内はとても広く、見どころが多いです。奥地の方まで行ったり博物館に行ったり。この博物館で相当な時間を費やしました。僕含めみんなそういうのをしっかり見たい派なので。そして御朱印も貰いました。僕は母に頼まれていましたが、他の2人、特にN君は興味を持っており御朱印の体験をしました。

最後にS君は諸事情あって金色堂をほとんど見られなかったため再度見に行きました。

やはり金色に輝くお堂は見もの。京都の金閣寺とは違い、建物の中にあり雨ざらしではないためかキンキラキンです。

そして時計を見ると、、

集合時間まで7分!!

結構あるじゃんと思うでしょう。しかしいるのは金色堂前、対して集合場所は長ーーい坂を下った、売店等があるところです。行ったことある人はどれほど遠く、7分じゃヤバいかがわかるでしょう。

結構急な坂道を転げるかどうかのスピードで駆け降ります。

途中、道の横にに何やら立派な門が。

本堂です。

そう、僕らは本堂に行かなかったのです。これは親だけでなく学校の先生にも「マジで!?」という反応をされます。

結構立派なようで、、 これは次来る時の楽しみとします。

メインの場所から少し離れてますので中尊寺行く方は気をつけて。

 

そして、、 15秒前にバスに到着。ギリギリでした。信号に引っかかった時はどうしようかと。

11月の東北なのに汗だくになりながら、バスは別の世界遺産毛越寺へ。

 

今回はここまで。次回で最後です。

コロナワクチンとの戦いが予想よりも酷く、長引いています。みなさんも体にお気をつけて。

閲覧ありがとうございました。

東北修学旅行 第2回

こんにちは。

今回は修学旅行第2回ということで進めていきます。

第1回はこちら

selatanda.hateblo.jp

 

被災地のバス見学を終え、「東日本大震災原子力災害伝承館」へ。もう着いた頃には陽が沈みかけており、夕日に向かって顔を向けながら記念撮影。そりゃ目も半開きです。

ここでは時系列を追って原発事故について説明しています。結構ゆっくり見て回った結果ギリギリになりました。恥ずかしながら、僕はメルトダウンしたのは知ってましたが爆発して吹き飛んだのは知りませんでした(あれだけボロボロなのは火災で焼け落ちたのと大津波のせいだと思ってました)。

↑夜はなんか綺麗です。既に閉館時間の18時です。

 

ホテルは温泉施設とプールで有名な「スパリゾートハワイアンズ」。観光地じゃねーか!とか思ってましたが、興奮も束の間、全て利用不可です〜。離れにある大浴場(という名のこじんまりとしたところ)には行けました。お土産が充実してたのはよかったです。

あと、ご飯がとても良かった。男子校なので上品さとかなくみんなバクバク食べます。僕はというと、、

ご飯もそここそですが、スイーツ全種類食べました。「お前一人だけスイーツ食べに来てるやん!」って言われましたし、いろいろな人に全種類載せたプレートの写真撮られました。

↑天ぷらやローストビーフも食べ放題。

↑これがスイーツ全種類。種類も多いしどれも美味しい。

 

夜に問題が起こりました。

夜中2時。僕はぐっすりと眠っていました。するとスマホから音が鳴って、何か聞こえるのです。

「こんな時間にアラームかけたかな?」

そう思っていると友達に叩き起こされます。

「おい!地震だぞ!!」

その言葉で意識は完全に復活。アラームだと思っていたのも緊急地震速報でした。

すぐにドアに近い友達に襖と玄関のドアの確保をさせました。時間は経っていましたが本震に備えるためです。

結局地震は感じませんでした。最大震度5弱(中通り)で、ここ浜通りは震度4とのことでした。でも一人起きていた子は4程ではなかったものの確実に揺れたとのこと。彼はすぐ隣にあった出っぱり(電話とか置いてあるところ)に隠れたとのこと。数人揺れたと言っていたので本当でしょう。

みんな廊下に出て様子確認と指示待ちでしたが先生からは「大丈夫そうなので戻っていい」とのこと。そうは言っても寝れんわ!1時間は寝れませんでした。

そうして迎えた翌朝はこちら。朝は少食です。

↑あら健康的な食事。

食事が終われば出発!施設が使えなかったのは心残りなのでまたいつか来たいですね。

どこかのクラスのおばかちゃんが財布を無くしたとのこと。少し遅れましたが結局そのクラスのバスを置いて出発。1クラス1台というなかなかな設定が功を奏しました。結局彼のバッグにあったとのこと。

そこから次は会津へ。おそらくこんな機会でないとそうそう来ないでしょう。

昔の学校だったところや白虎隊の墓のある場所を巡りました。

会津若松の町。

この時凄い雨だったので大変でしたしほとんど写真もありません。

その後3時間ほど自由行動。飯も各自でとの事。

僕らはラーメン屋を探しました。中学時代にほぼ同じメンバーで巡った時も鹿児島の自由行動はラーメンでした。

途中には市庁舎も。古く立派な作りでした。

なかなかいく場所が決まらない中、マップから僕のフィーリングで決めたここ「くるくる軒」。これが美味しかった。僕の適当に選ぶ店にハズレはないと確信してますし、説得できました。

実は喜多方ラーメンを探してたのですが、ここは違います。でもそんなのはどうでもいい。ここは変わったラーメン(僕はあんかけ)を提供する面白く美味しい店です。

↑分かれて座ったが僕らのテーブルは全員違うメニュー。

 

その後雨なので外は嫌だということで博物館へ。そしてバスで全員と合流。いつもは時間にルーズな我がクラスも時間にはピッタリ揃ってました。

ここからまたホテルへ。ついに福島を抜け、次は宮城県へ。グリーングリーンというホテルです。幽霊が出るという噂もネットにはあります。

でも安心してください。僕は見ませんでしたしお風呂や食事は今回のホテルの中で1番でした。素晴らしいホテルですよ。

お部屋も広い。2つのベッドがあります。そして和室には1つ隔離されたお布団。僕らの班ではここがいいと言った子がいたので丸く収まりましたが他の班では誰が行くかで戦ってました。咳したやつの隔離にもなってました。(今回の旅行でコロナはいないことになっています。風邪かなんかで休みはめちゃくちゃ増えましたが)

夜はバイキング。色んなお店があるような形式の、よくリゾートホテルにある感じのバイキングです。飲み物も飲み放題、刺身とかもあるという、たかが高校生にここまで要るか?と思うようなグレードです。まあ学校がそういう学校なので。

↑ここでも当然スイーツ全種類食べました。

この日は何もなく朝を迎える事ができました。朝起きるとこの景色。紅葉がめちゃくちゃ綺麗でした。

 

今回はここまで。次回は日本三景世界遺産を訪れ、馬鹿なことをします。

お楽しみに。閲覧ありがとうございました。

東北修学旅行 第1回

こんにちは。

 

2021年11月8日から3泊4日、修学旅行に行ってました。行き先は東北、今回が初です。

数回に分けてご紹介しようと思います。ではどうぞ。

 

出発の2日前、僕は体調を崩しました。学校の模試を途中で抜けて保健室へ。その後病院へ行き、コロナではないとの診断を受けました。この時は「コロナだったらどうしよう」という気持ちがすごかったです。なのでまずは一安心。しかしまだ修学旅行への懸念はありました。

翌日はゆっくりして、熱も下がり鼻水・喉の腫れ以外はだいたい治ったので予定通り修学旅行に参加できました。

 

朝7時半に新神戸集合。僕は5分前に着く予定を立ててました。

朝早くの時間帯、阪急神戸線は六甲駅で特急が普通を抜きます。それを知っていたので特急停車駅にて普通を見送ろうとしました。すると、、

なんか見たことある顔が!!

クラスメイトでした。彼(以後Yくん)とは話はするもののそこまで親しくはなかったです。

Yくんは僕が待っているのをみて急いで降りてきました。理由等を伝え、一緒に向かうことにしました。Yくんはそのまま乗っていると遅れるもしくはギリギリだったので、救うことができました。

この出来事がきっかけで相当仲が良くなりました。(修学旅行中一緒に回ったり、後日一緒に京都へ行ったり)

 

予定通り5分前に到着。出発式を行い、8時1分発のぞみ号で東京へ。

↑学校のみんなで名古屋は新鮮。

途中富士山も綺麗に見ることが出来ました。

実は富士山を見るのは初めて。こんなに綺麗に見れるとは。日本人が富士山を好きになるのがよく分かりました。

↑山手線電子レンジ。普通にかっこいいと思う

10時45分東京着。小6以来の東京駅はなんと15分間の滞在!!しかも16〜8号車ぐらいまで移動し、東海東日本連絡改札を通り、乗り換え列車の清掃を待つだけでした。

↑テキパキ歩きます。

でも、、その間にサフィール踊り子を見ることができました。

他にも駅以外では新型踊り子や初めてみた山手線・横須賀線の電子レンジも見れました。

 

乗り換えた列車はE2のやまびこ。大宮以北は初乗車です。感想としては東海道山陽九州と比べれば平原ばかりで単調だったですが、遠くに綺麗に山が見えたり、結構平行している東北本線が見えたりと、小さな楽しみポイントが散りばめられていました。帰りの320km/h体験が楽しみです。

 

車内で配布されたお弁当を食べたりして約1時間、郡山で下車です。

↑配布されたお弁当

郡山駅

そこからバスに乗って阿武隈山系を超え、浜通りへ。初日は震災学習です。

流石に4時間新幹線旅に疲れて道中寝たりもしました。そして1時間半後ぐらいでしょうか、富岡で高速道路を降りました。そこからは車内から被災地の見学。除染作業現場や当時のままの家、そして帰宅困難区域に張り巡らされるバリケード。その後浪江町の大平山墓地へ行きました。栄えていた町が今では更地。津波の凄まじさを被害後を見ただけでも伝わります。

↑昔の住宅地も今や原っぱ。

↑この海が全てを破壊したとは、、

その後双葉駅を見学。街づくりの中心となる立派な駅ができたのをみて、まだまだ復興できていないけど、土台はできたのかなと感じました。そして昨年の常磐線全線復旧がどれだけ意味のあったことなのかを実感しました。 

↑立派な駅舎。今後の復興の拠点です。

 

今回はここまで。1日目の半分だけでこれだけのボリューム。半年前なので思い出すのも大変ですが振り返ったら面白いです。

次回もお楽しみに。閲覧ありがとうございました。

次回はこちら

selatanda.hateblo.jp

 

九州北部家族旅行 番外編(記録鉄)

こんにちは。

今回は九州北部家族旅行の本当の最終回、番外編です。

九州で撮った列車の写真です。

僕は上手さというよりもただ見て記録し、それを見るのが楽しいだけなので撮り鉄ではなく「記録鉄」ですかね。そんな分野ありませんが。

 

ではいきましょう。

まずは宇佐〜別府間。走り抜けていく青いソニック。九州に降り立ってこの旅最初に見た列車でした。

 

 

次に別府タワーから見た青いソニック。望遠レンズでギリギリ。

 

翌日の朝に別府駅で。九州横断特急

 

青いソニック。やっと間近で見れた。

 

乗った普通列車

 

 

帰りに乗った白いソニック

 

たまたま停まってた国鉄車(詳しくないけど多分)。

 

そしてそのまた翌日の博多駅にて、、

普通列車

 

青いソニックとみどり。

 

黒いかもめ。

 

最後は新幹線。

700系レールスターと800系つばめ。

 

レールスターの並び。 

 

今回はここまで。ただ字と写真を並べただけです。記録なので僕はこれだけのクオリティで十分満足です。みなさんも例え興味がなくても旅先で列車の写真を撮ることをおすすめします。

旅の思い出になることは間違い無いでしょう。